社会保険労務士の就職はどう?

社会保険労務士になるには国家試験を合格しなければいけません。
また、社会保険労務士は企業の労務管理を唯一取り扱える国家資格なので、弁護士や公認会計士などと同様に格式の高い資格です。
そのため試験も非常に難しく簡単には合格することができません。
現在の就職難ではメリットとデメリットがあります。
メリットはこのように資格を取得するのが難しいため企業が社会保険労務士を求めている場合は就職に有利になります。
雇用や労働者の制度の変化が激しいので専門家がいないと上手くいきません。
逆にデメリットは会社が社会保険労務士の資格を持っているから扱いにくそうに感じたり、独立をされるのを嫌がって雇用されない場合などがあります。
資格を持っているからといって傲慢な態度ではなく謙虚さが大切です。